しじみオルニチンの効果一覧

オルニチンについて詳しくなりましょう

冷え性は肝臓が疲れているからかも

女性の多くは冷え性に悩んでいる方が多く、服装に気を使ってみたり、厚手の靴下を履いたり、食事に生姜を取り入れたり、白湯をのんだり、さまざまな対処法をしていると思います。
実は肝臓が披露している時にも、この冷え性と同じような症状が起こるそうなのです。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているため、大きな症状が出ないのですが、実は小さな症状はサインとしてだしているのです。
ただ、他の症状と見分けがつき難いため見逃しやすい傾向にあります。
よく肌の色が黄色っぽくなると、肝臓が悪い?と疑ったりしますよね。
これと同じようなことが他にもります。
貧血のような症状になったり、冷えを感じたりもするそうです。
爪の色も黄色っぽくなったりするようです。

女性によくある冷え性は、体が冷えてしまうと、血行が悪くなってしまい冷えを感じてしまいます。
この原因が肝臓にある場合は、肝臓が疲れてしまい、肝臓自体が血行不良になってしまい、肝臓がうまく働かなくなります。
このような場合は、まずは肝臓を温めてあげるのが大切です。
肝臓ってどこにあるんだろう?と思った方もいるのではないですか? 肝臓はみぞおちの右側にあります。
肋骨に隠れています。
なので、湯たんぽやカイロをみぞおちの右側に当ててあげることで、肝臓が温まります。

また、オルニチンを上手に摂取して、肝臓の働きを良くしてあげる工夫も必要です。
肝臓が正常に働くことができるようになると、肝臓の血行も回復し結果、体の冷え性も軽減されていくことが期待できます。
また、オルニチンは、成長ホルモンを活性化するサポートしてくれるので、新陳代謝がアップし冷え性も改善されていきます。

オルニチンは、サプリメントでも摂取できますが、サプリメントで飲むのは心配だという方は、しじみなどの食物でも摂ることができます。
しじみの他にもチーズやえのきなどにも微量ですが含まれています。
冷え性がなかなか治らないという方は一度試してみてはいかがでしょうか? また、こちらのしじみとオルニチンの摂取量についても参考にご覧ください。